物件の選び方|後悔しない自分ピッタリの部屋探し記事一覧

引越しの第一歩となるのが引越し先エリア選び。仮に会社の赴任だとしても、社宅や寮でなければ自分が住む場所、物件くらいは選ぶことができるはずです。では、どのようにして引越し先の物件は選べばいいのでしょうか。物件を決める5大要素を覚える「渋谷って格好いいよね」「池袋に住めば夜も楽しそう」「新橋周辺は飲み屋もたくさんあるから、会社帰りの楽しみが増えそうだな」などと、物件選びを安易に考えてはいないでしょうか...

間取り図は部屋の間取り、位置関係を調べるのに有効な手段ですが、実際の縮尺であるとは限りません。ですので、時間が許すのであれば、できる限り下見に行くようにしましょう。今回は下見に行った際、チェックしてほしい項目をご説明します。どれも間取り図では判断がつかないことですし、新生活をおくるうえで大切なポイントなので、しっかりと抑えておきましょう。下見の現場で確認すべきこと実際下見に赴いたとき、何を確認すれ...

物件を選ぶ上で欠かせない条件の一つが『公共機関』です。前回は市(区)役所の必要性の有無をご紹介しましたが、今回はさらに詳しく解説したいと思います。最低限必要な病院引越し先で必ず抑えておいて欲しいのが病院です。病院といっても、総合病院である必要はなく、日頃お世話になる『歯科医院と内科』があれば十分です。ちょっとした油断で虫歯や歯周病などができてしまうため、大人でも歯科医院のお世話になる機会はあります...

上手な引越しを実現するためには、それなりの下調べが肝心です。その一つが「住むことを想定した電車の乗り換え回数」です。自分の職場(学校)までのアクセスを確かめる「首都圏であれば、どこでもアクセスは便利」と考えていると、思わぬ痛い目に遭うことも。首都圏は幾多の電車が通っていますが、自分の職場や学校まで一本で行けるとは限りません。通勤までのアクセス手段は『電車』がメイン。乗り換えは『2回まで』が基本です...

各市場調査会社が毎年行っている「住みたい町ランキング」では、例年吉祥寺が1位に君臨しています。一見すると、「吉祥寺って何もないじゃん」、「渋谷とか池袋の方が人気があるような気がするけど」と考えがちです。では、なぜ吉祥寺がそれほどまでに引越し先に人気があるのでしょうか。自然と都会のバランスがいい池袋や渋谷、新宿といった都心はまさにコンクリートジャングル。世界でも屈指の都会です。地方から上京される方は...