住みたい街NO1!吉祥寺が人気の理由

各市場調査会社が毎年行っている「住みたい町ランキング」では、例年吉祥寺が1位に君臨しています。
一見すると、「吉祥寺って何もないじゃん」、「渋谷とか池袋の方が人気があるような気がするけど」と考えがちです。
では、なぜ吉祥寺がそれほどまでに引越し先に人気があるのでしょうか。

 

自然と都会のバランスがいい

池袋や渋谷、新宿といった都心はまさにコンクリートジャングル。世界でも屈指の都会です。
地方から上京される方は、この都会に憧れを抱いている方も多くいらっしゃいますが、実際住んでみると思わぬ落とし穴があるようです。
「夜になると煌びやかなネオン街となるので、子供の教育に悪い」
「治安が悪く、しょっちゅう警察やパトカーが行き来している」
「近くにコンビニがあるが、いつもがらの悪い連中がたむろしていて行きづらい」
「どこもかしこもビル群なので、精神的に疲れる。癒されたい……」

 

などといったマイナスの意見が目立ちました。
一方吉祥寺は東京首都圏内に位置するものの、周辺はのどかな光景が広がり、自然に覆われた井の頭公園なども広がっています。
休日に小さな子供を連れてピクニックにでかけたり、芝生でスポーツをすることもできるので、家庭持ちのファミリーに大きな支持を得ています。

 

交通の便

東京の中でも23区外の武蔵野市に位置している吉祥寺ですが、京王井の頭線やJR中央線といったメジャーな路線が通っているので、東京の中心もすぐ近くです。
池袋や新宿といった都心はさらに近いですが、吉祥寺は会社及び大学などの通勤圏内としては十分申し分ない位置関係にあります。

 

充実した商業施設

郊外に位置していることから東京中心ほど都会ではありませんが、それが返って在住者にとっては落ち着くようです。
駅前には古き良き商店街が広がり、スーパー、コンビニはもちろんのこと家電量販店、ショッピングセンターもあるので休日のショッピングスポットとしても充実しています。
また、若者にとってはサブカルチャーの発信地としても人気があり、ジャズやヒップホップバー、洒落たレストランカフェが並んでいる点も魅力にうつります。

 

教育機関も充実

吉祥寺駅から徒歩圏内、もしくは井の頭線沿いには数多くの大学があります。
成蹊大学、東京女子、立教女学院、武蔵野大学、亜細亜大学、国際基督教大学などがあるので、親にとっては子供を一人暮らしさせない安心もありますね。
また東京有数の大規模な学生街があることでも吉祥寺は知られています。

 

憧れと住みたいは違う

渋谷、新宿、池袋といった都心に住むことは一種の憧れです。
しかし、上記で説明したように治安が悪かったり、家賃も高く車も持つことができないのが現状でもあります。
実際住んでよかったと思えるのは吉祥寺のような、『都心に近くバランスがとれた街』となります。
その地で何十年と住むことを考えるのであれば、憧れの街と住みたい街は自ずとギャップが生まれてくることでしょう。