最低限の引越し節約方法

「荷物を軽くすれば、その分引越し料金は安くなるのでは」
「引越し料金を節約するため、ダンボールは自分で運ぶことにする」
と考えている方は、この記事を読んでみてください。
もしかしたら、料金は安くならない上、労力だけがかかる結果になってしまうかもしれません。

 

荷物を自分で運んでも得はしない?

まず最初に結論から説明すると、「荷物を少なくして引越し料金を割り引いてもらう方法は、あまり効果が望めない」ことを覚えておきましょう。
その理由は、引越し業者が決める料金の設定方法にあります。

 

引越し料金というのは、荷物の重さや量に応じて算出されるわけではありません。
まず、引越し業者の担当者は契約を交わすために自宅へ訪問します。その際に、必ず運ぶ荷物の量を調べます。
そこで業者が考えるのは、「この荷物の量であれば、一番小さい1.5tトラックで運べるな」というもの。
目安としては、単身引越しは1.5t、二人の引越しであれば2t、ファミリー引越しは2.5t〜3tのトラックを動かします。

 

つまり、どんなに荷物が多くとも、当該トラックで収まる分であれば、料金は同じなのです。
もし荷物の量を減らして値引きの恩恵を受けたければ、以下の方法を取るしかありません。
例えば荷物の量からして2tトラックを出すことになった場合、値引きを受けるためには1.5tトラックに切り替えてもらう以外方法がありません。
つまり、重量で言えば500kg以上の荷物を自分で運ばなければなりません。
また1.5tトラックだと積載スペースも狭いので、大型の冷蔵庫や分解できないベッドは自分で運ぶ必要も出てくる可能性があります。
ダンボール程度であれば自分で運べるものの、冷蔵庫などは運べませんよね。

 

レンタカーはお得?

もし自分で荷物を運ぶ場合、レンタカーでハイエースクラスの車をレンタルしなければなりません。
1日1万円でレンタルするとしたら、少なくとも1万円以上の値引きを引越し業者に求めなければ意味がありませんね。
しかし、「自分で荷物を運ぶ」という理由で1万円以上の値引きを受けられる可能性は低いと言えるでしょう。

 

費用を節約するためには

引越しでは『コンテナ便』というコースもあります。
これは、引越し業者が直接荷物を目的地まで運ぶのではなく、JRや飛行機、フェリーなど別の移動手段で運ぶ方法です。
とはいっても、実際は引越し業者が荷物の引き取りから新居までの持ち運びまで請け負ってくれるので、お客は無事荷物が届いてくれるかを心配するだけで問題ありません(笑)

 

コンテナ便のメリットは、料金が大幅に安くなることです。
特に大型の荷物が多々あり、さらに長距離引越しの場合、引越し業者に一任するのとでは10万単位で差がでます。
しかし、引っ越し業者が荷物を運ぶわけではないので、荷物が傷つく可能性もあります。また、引越し業者によって提携しているコンテナ業者が異なりますので、当然料金も差がでます。
かならず合い見積もりをとることと、通常の引越し方法と比べていくらお得なのかは確認する必要があります。

 

すべて自力で運ぶのが一番の節約

上記で説明したように、荷物の一部を自分で運ぶ程度では値引きは受けられそうにありません。
「だったら業者に頼まないで、すべて自分で引越し作業をする」
と考えたらいかがでしょうか。家族や友人に協力してもらえれば、それも可能でしょう。
軽トラックを運転できる人が不可欠ですが、それさえクリアすれば人件費が浮きます。

 

ただし、自分たちで引越し作業をするということは、大型の家具家電の搬出から搬入までもすべて自力で行う必要があります。
引越しの作業員は経験を積んだプロなので、軽々と持ち上げている冷蔵庫や家具も素人では何人いても持ち上がらない場合もあります。

 

当サイトでご紹介している交渉術を使えば、限りなく引越し費用を抑えることが可能です。
できるだけプロの業者に任せるのが引越しを成功させる近道と言えるでしょう。