敷金と礼金を値切る方法がある

物件を契約するにあたって、いつも頭を悩ますのが敷金と礼金ですね。
「これさえなければ」と理想の物件を手放す人も多くいるのではないでしょうか。
しかし、諦めてはいけません。敷金も礼金も値切る方法というのがあるのです。

 

そもそも敷金と礼金の意味とは

はじめて引越しされる方ならば、「敷金と礼金ってなに?」と考えるのも当然ですね。
物件の家賃表記欄には『敷:2、礼:2』、『敷:0、礼:1』などと表記されているのを見たことがあるかと思います。
これは『敷金2ヶ月分、礼金1ヶ月分』、『敷金なし、礼金1ヶ月分』と同じ意味です。

 

敷金とは、簡単に言えば保証金です。
賃貸物件の場合、退去時は現状回復が基本となります。
例えば煙草を吸う人は壁が黄ばんでしまいます。また、床をテーブルの脚で傷つけてしまったり、エアコンの設置に伴う工事をすることも。
退去時は、入居前と同じ状態に戻さなければなりませんので、部屋のクリーニング代含めて相応の費用がかかります。
それを敷金で賄うのです。
「退去時にかかる費用を前払いするのが敷金」と思ってください。
敷金2ヶ月分というのは、家賃2ヶ月分と同じ意味なので、相当な金額になりますね。
ですので、余った分は数ヵ月後に銀行に返金されます。

 

上記からも理解できるように、敷金は意味のある出費と言えます。
では礼金はどうでしょうか。
礼金は土地オーナーに支払うお金です。その名の通り、「契約させていただきありがとうございました」という意味でのお金なので、これが後ほど返ってくることはありません。
地主に対する謝礼金として支払うお金となります。

 

敷金と礼金は値切れる

引越しというのはさまざまな面で出費が発生します。
可能な限り出費は抑えたいところですね。しかも家賃6万円の物件で敷金礼金共に2ヶ月分であれば24万円の出費となります。
さらに前家賃や保証金含めると35万円ほどの初期費用が発生することになるでしょう。

 

実は、敷金と礼金は値切り交渉の余地があるのです。

 

敷金は値切りやすい

敷金というのは現状回復費用なので、土地オーナーや不動産側に利益があるわけではありません。
ですので、礼金と比べて敷金は値切り交渉の余地が大きく、最高ゼロにすることも可能です。
ただし、その場合は退去時に支払わなければならないので、あえて敷金を支払っておくのも手段の一つということは覚えておいて損はないでしょう。

 

礼金を値切れるとき

対して礼金は土地オーナーの直接的な利益となりますので、値切りはかなり困難となります。
しかも、入居しようとしている部屋が立地共に人気のある物件であれば、礼金を値切るのはまず無理でしょう。
なぜなら、繁忙期は物件が足りなくなるほど問い合わせが来るので、わざわざ値切り交渉に応じる必要はないからです。

 

もし礼金が値切れるとしたら、以下の条件に当てはまる物件です。
1、数ヶ月、数年単位で入居者がいないため、土地オーナーが礼金無しでも入居してほしいと考えている場合
2、引越しの閑散期で、入居者を土地オーナー自ら求めている場合

 

例えば引越しの繁忙期は3月。閑散期は9月頃となります。
9月から3月までの半年間入居者が不在よりも、礼金をゼロにして9月に入居してもらい、半年間家賃収入を受け取った方が土地オーナーとしては儲かるということです。

 

敷金・礼金ゼロ物件もある

インターネットで仲介業者の物件一覧を見ると、時折『敷金・礼金ゼロキャンペーン』をやっていることがあります。
普通に考えると、人気がない物件がこれに該当するのですが、こちらもオーナーが「とりあえず部屋を埋めたい」と考えれば、本来人気の物件でも敷金礼金ゼロは十分可能性があります。

 

初期費用を節約したい方や、2〜3年のうちに再び引っ越す予定がある転勤族の方であれば、こちらのゼロキャンペーンを利用するのも方法の一つでしょう。