理想の引越を実現しよう|引越しに関する耳より情報記事一覧

職場の転勤によって引越しをする場合、多くの企業では何かしらの手当てが用意されています。その手当てをうまく利用すれば、通常のサラリーマンではちょっと手が出ないような物件に住むこともできます。転勤の手当ての種類どのような名目で手当てが支給されるかは企業によって異なりますが、大よそ下記のいずれかの待遇を受けることができるでしょう。低待遇企業の中では最も転勤及び引越しに伴う待遇は悪く、主にベンチャー企業に...

皆さんが最初に引越しをしたのはいつのときでしょうか。多くの方は高校を卒業して遠方の大学に入学したとき、もしくは大学を卒業して、新社会人になったときのどちらかでしょう。次に多いのは赴任ですね。家庭を持っていない20代の若い方は、スキル育成のためには積極的に遠方に飛ばされることがあります。赴任期間はだいたい2年から3年程度。企業によっては1年単位で各地に赴任を命ずるところも多々あります。引越しが重要な...

ファミリーで引越しをする場合、こだわりたい周辺環境、立地というのがあります。より豊かで幸福な生活を実現させるためには、どのようなエリアが快適なのかをご紹介します。住宅街に住もうファミリー世帯が集まる住宅街は、周辺環境やアクセスに便利という理由からどこのエリアも人気があります。東京首都圏で人気の住宅街は『吉祥寺、自由が丘、田園調布、中野、目黒、成城、麻布十番、広尾、府中、大井町』などが挙げられます。...

会社の辞令による転勤や赴任、転職の際に引越しを余儀なくされる社会人の方々は、引越しする期間はどのくらいの猶予があるかご存知でしょうか。辞令の告知や転職の初出勤日にもよりもますが、平均して40日から60日程度と言われています。「なんだ、けっこう余裕じゃん」と思うかもしれませんが、引越しになれていない方だと、時間だけが過ぎていく一方で、引越し先の物件も業者も何も決まっていないということも十分有り得ます...

日本では多くの女性が大学入学や就職を機に一人暮らしをはじめます。しかし、女性の場合は男性と違って、引越し先に求めるものが異なります。安心して一人暮らしができる物件、立地とはどのようなものでしょうか。セキュリティで物件を選ぶ女性は男性よりも『セキュリティ』に関して重要視しなければなりません。治安のいい日本とはいっても、変質者もいますし、ストーカー被害だって心配です。自分がトラブルに遭遇しないためにも...

よく言われる「部屋に幽霊が出る物件」。都市伝説のようですが、不動産屋や仲介業者に訊ねると、実際その手の物件は存在するようです。以前、大手の仲介業者『スーモ』がその手の物件を大々的に紹介したことによって話題になりましたね。「一人暮らしなのに一人暮らしではないような感覚にさせてくれる寂しがり屋さんにオススメのお部屋です♪」との謳い文句で、問い合わせが殺到したようです。なかなか面白い宣伝方法ですが、「確...

物件選びの際に、間取りや周辺環境だけに目がいってはいけません。灯台下暗しという言葉があるように、本当の危険はすぐ近くに潜んでいるかもしれませんよ。隣人を知ることが大切物件を選ぶさい、アパートやマンションの場合は上下左右の部屋に住んでいる人の素性を知るようにしたいところです。しかし、近年は個人情報保護法によって、不動産屋や管理会社に訊ねても、なかなか隣人の素性を教えてくれません。とはいえ、女性の一人...

自分が持つ理想の部屋を見つけることは大変ですね。しかし、少なくとも数年は住むことになるのであれば、できるだけ妥協はしたくはありません。特に単身で住む場合は、友人や異性を部屋に招待する機会も多いでしょう。そのときに、「お洒落な部屋に住んでるんだ!」と言われたら、あなたの株は上がるでしょうし、何よりも嬉しいですね。とは言うものの、万人に褒められる部屋を見つけるのは難しいです。自分でインテリアすることも...