ファミリー引越しならば住宅街がおすすめ

ファミリーで引越しをする場合、こだわりたい周辺環境、立地というのがあります。
より豊かで幸福な生活を実現させるためには、どのようなエリアが快適なのかをご紹介します。

 

住宅街に住もう

ファミリー世帯が集まる住宅街は、周辺環境やアクセスに便利という理由からどこのエリアも人気があります。
東京首都圏で人気の住宅街は『吉祥寺、自由が丘、田園調布、中野、目黒、成城、麻布十番、広尾、府中、大井町』などが挙げられます。
新宿や池袋のように人込みで溢れていなく、ほどよく都会と自然が調和した豊かな街作りがされていますね。

 

最近はファミリー向けマンションの設備も充実し、敷地内にコンビニ、ミニスーパー、ドラッグストア、公園などが併設しているところも多々見受けられます。
休日は子供と公園でバーベキューをすることもできます。敷地内に併設されている設備は、当然利用するのも同じマンションの住人となります。
隣人との交流の場としても役立ちますし、何よりも治安がいいのが魅力です。

 

子供の成長を見守ることができる

住宅街では、そのエリア内で生活するに必要な環境が揃っています。
小さなお子さんは幼稚園、小学校、中・高等学校と進学をしていきますが、大よそ必要な教育機関は徒歩圏内にありますので、電車通学をする必要もありません。

 

引越し業者は慎重に選ぶ

子供がいるファミリー世帯の引越し料金の相場は8万円から15万円前後。
しかし、これはあくまでも相場で、移動距離や運ぶ荷物が多いと、20万円から30万円の見積もりをとられることもしばしばあります。
また、ファミリー引越しの場合は業者によって料金の差が大きいことも覚えておいてください。
必ず事前に一括見積もりサイトで料金の相場を知り、担当者と直接会って再度交渉をするようにしてください。