大手の引越し業者のメリットデメリット

「やっぱり引越し業者を選ぶとしたらココかな」
「引越しに失敗したくないから、多少費用がかかっても信頼できるところに依頼したい」
と考えたとき、真っ先に思いつく大手の引越し業者がいくつかありますね。
この手の引越し業者は、テレビや雑誌にも積極的に紹介されている他、、大手という安心と信頼があります。

 

しかし、大手の引越し業者だからといって良いこと尽くしというわけでもなさそうです。
中小や個人経営の引越し業者と何が違うのか。大手にしかない魅力、大手だからこそ感じるデメリットなどをご紹介したいと思います。

 

全国ネットを活かした引越し

大手の最大の強みは『全国の引越しが可能』という点です。
例えば東京から大阪へ引越しをする際、中小企業や個人経営の小さな引越し業者に依頼すると、返って高額の料金となってしまうことがあります。
なぜなら、その依頼のためだけでトラックを一台貸し切る必要がでてくるからです。
東京から大阪まで一往復するだけで1日かかってしまいますし、高速道路を使えば料金もかさみます。
スタッフも最低二人派遣しなければなりませんので、本来1日に2件から3件程度依頼をこなさなければならないはずが、1件に留まりますの、費用対効果が悪いと言えます。
そのため地元密着型や、東京23区と隣県のみ対応のような引越し業者は、長距離引越しの案件を断るケースもでてきます。

 

一方、大手の引越し業者は全国の依頼を請負、拠点も主要都市に置いています。
大阪までの道中、もしくは大阪でさらに引越し依頼を請け負うことができれば、費用対効果も決して悪くはありません。
『長距離の引越しをする場合は、大手の方が料金面でもお得』ということは覚えておいてください。

 

充実したサービスとプラン内容

大手にありがちなサービスに『ベッドの組み立てをスタッフが代行』、『15分間部屋と建物周辺の掃除』、『隣人への挨拶の代行』などが挙げられます。
また、単身プランやファミリープラン、長距離プランに平日割引プランなど、引越しの状況によってさまざまなパックを用意しています。
自分の該当するプランに申し込むことができれば、割引も適応されてお得な引越しをすることができるでしょう。

 

上手な引越しとは、『どれだけ無駄を省いて効率的な引越しができるか』が重要なポイントとなります。
大手の引越し業者に依頼すれば、少なくとも自分の状況にマッチした最適なプランを提案してくれることでしょう。

 

信頼と保証

大手は数々のCMや雑誌といったメディアに露出をしています。
こういった大手の業者は評判を最も気にするので、スタッフの教育やサービスを徹底している傾向にあります。
例えばスタッフが誤って荷物に傷をつけてしまった場合は、保証が受けられますし、また建物内を傷つけないようにクロスや養生を貼ってくれます。
これがないと、部屋や公共の通路を傷つけて、大家さんに怒られることもありますね。
大手の中には、「スタッフはアルバイトではなく、すべて社員です」と謳って、日々教育していることをアドバンテージにしている業者もいます。
信頼できる業者選びとしては、大手は外せないところです。

 

料金は高め

一方料金は中小の業者に比べると高めです。
サービス料金も込みといったところでしょうが、「スタッフの親切な対応も、隣人の挨拶周りもなにも要らないから安くしてくれ」と思う方も。
しかし、それを排除すると大手の強みがなくなってしまうので、業者からすると難しい問いになってしまいます。
また、上記のような『アルバイトではなく正社員を派遣』する引越し業者の場合、無論人件費もかかりますので、その分引越し料金を高く設定しなければなりません。
サービスや質を求めない方や、予算の少ない学生や新卒社会人の方にとっては、大手の業者を選ぶことは『上手な引越し方法』とは言えないかもしれませんね。

トップへ戻る