電車の乗り換え回数、職場までの距離は生活する上でとても重要

上手な引越しを実現するためには、それなりの下調べが肝心です。
その一つが「住むことを想定した電車の乗り換え回数」です。

 

自分の職場(学校)までのアクセスを確かめる

「首都圏であれば、どこでもアクセスは便利」と考えていると、思わぬ痛い目に遭うことも。
首都圏は幾多の電車が通っていますが、自分の職場や学校まで一本で行けるとは限りません。
通勤までのアクセス手段は『電車』がメイン。乗り換えは『2回まで』が基本です。
朝の通勤はラッシュアワーとなりますので、乗り遅れることもありますし、電車のトラブルによる遅延も発生します。
一本の電車が遅延すると、連鎖反応で他の電車も影響を及ぼすこともあります。
ゆえに、3回以上乗り換えが必要だと、不測の事態が起きたとき、高い確率で出勤の時間に間に合わなくなってしまいます。

 

バスはおすすめできない

駅から徒歩圏内だと、どうしても家賃も高めです。
そこで、「バスを利用するから大丈夫」と高を括っている方は、今一度考え直してください。
朝の通勤時間はバスも非常に込み合います。
電車と異なり定員オーバーだと無理やり乗ることもできませんので、数十分後の次のバスを待たなければなりません。
一本の乗り遅れが致命的な事態へと発展することは間違いないでしょう。
また、朝は交通渋滞も予想されます。電車と違って渋滞にはまってしまうと、バスは身動きとれませんので、予定時刻を大幅に遅れることもあります。

 

万が一寝坊したときも、駅から近ければ走ることができますが、バスに乗らなければならないと、それもできません。
「いざというときはタクシーがある」と仰る方もいますが、この時間帯はタクシー乗り場も行列を作っています。
走って駅まで行くことができない距離の物件は、社会人にとってはかなり厳しい日常が予想されることでしょう。

 

物件を選ぶ際は、物件から通勤先までのアクセス手段、及び乗り換え回数、そして所要時間は必ず把握しておきましょう。
物件を1つか2つに絞ったら、実際朝の通勤を想定して、通勤先まで時間を計ってみるのもおすすめです。

トップへ戻る