転勤時の会社の家賃負担について

職場の転勤によって引越しをする場合、多くの企業では何かしらの手当てが用意されています。
その手当てをうまく利用すれば、通常のサラリーマンではちょっと手が出ないような物件に住むこともできます。

 

転勤の手当ての種類

どのような名目で手当てが支給されるかは企業によって異なりますが、大よそ下記のいずれかの待遇を受けることができるでしょう。

 

低待遇

企業の中では最も転勤及び引越しに伴う待遇は悪く、主にベンチャー企業に多く見られます。
待遇の内容としては、
・転勤手当て……毎月1万〜5万
・引越し代……半分会社負担

 

このような待遇が悪い企業というのは、住宅手当もないところがほとんど。
転勤するたびに貯金が削られるの踏んだり蹴ったりです。

 

通常の待遇

中小企業からそこそこ大手の企業が用意している待遇です。
・引越し代……全額会社負担
・家賃手当て……引越し先家賃の半分が会社負担

 

おそらく多くの方がこちらに該当するのではないでしょうか。
引越し費用が全額会社持ちなので、ピアノなど大型家具を運んでも実費はないのが嬉しいところ。
また、家賃手当ては半分が会社持ちなのが魅力です。
住宅手当や転勤手当ては定額の支給なので、家賃が高い物件に引っ越すと実費分がかさみます。
家賃手当てが出るのであれば、例えば家賃20万円の物件に引っ越しても、実費は10万円。
家賃20万円のマンションというと、高級マンションの部類になるので、敷地内に公園やプールがついている物件を借りることもできます。
ただし、企業によって負担上限額が決められているところも多いので、確認は必要です。

 

文句なしの好待遇

これは一部の大手、及び上場企業で受けられる待遇です。
・引越し代……全額会社負担
・家賃……全額会社負担
・昇給……転勤の辞令が下りるたびに昇給
・転勤手当て……5万円〜10万円

 

引越しにかかる費用はすべて会社負担なのはもちろんのこと、家賃も全額負担なので、貯金は増える一方です。
中でも最も甘い汁を吸うことができるのが「海外転勤」。
上記待遇に加えて、現地での生活費(給料)も支給されます。
基本は現地給料で生活できるので、日本の口座に振り込まれる通常の給料はすべて貯金に回すことができます。
このような待遇を受けられる方は一部の人ですが、大手企業の転勤族の方が該当します。

 

皆さんは上記3つの中で、どの待遇に近いですか。
家賃負担をしてくれる企業であれば、多少家賃の高いマンションに住むことも可能なので、積極的に活用しましょう。

トップへ戻る