デザイナーズマンションについて

自分が持つ理想の部屋を見つけることは大変ですね。
しかし、少なくとも数年は住むことになるのであれば、できるだけ妥協はしたくはありません。
特に単身で住む場合は、友人や異性を部屋に招待する機会も多いでしょう。
そのときに、「お洒落な部屋に住んでるんだ!」と言われたら、あなたの株は上がるでしょうし、何よりも嬉しいですね。

 

とは言うものの、万人に褒められる部屋を見つけるのは難しいです。
自分でインテリアすることも可能ですが、どうしても偏った趣味に走ってしまいがちですし、一人暮らしであればなおさらです。
そこで、今回は「訪れる人皆にお洒落と思われる部屋の見つけ方」をご紹介したいと思います。
上手な引越しとは、物件選びからはじまることはもちろんのこと、引っ越したあとに成功か失敗かの有無が決まるものです。

 

お洒落さを選ぶなら迷わずデザイナーズマンションを選ぼう

マンションの中には『デザイナーズマンション』と呼ばれるユニークかつファッショナブルなデザインの建物があります。
名のあるデザイナーによって設計されるので、家賃は通常よりも若干高めです。
しかし、部屋の内装はもちろんのこと、外観からしてお洒落感が漂っているので、自己満足だけではなく、お客さんを招待するにも最適です。

 

部屋の内装を例に挙げると、
『トイレがすべてガラス張り』
『風呂場が外にあり、露天風呂気分』
『檜を使ったログハウス風のウッド調』
『一見狭いが、ロフトが付いている』
『天井が吹き抜け』、
『壁がコンクリート打ちっぱなし』
などなど、ユーモア溢れる内装が多いです。
ただし、デザイナーズマンションの場合は、間取り図からは判断できないので直接現場を見るか、写真で確認することが重要です。

 

賛否両論の内装は避けるべき

デザイン性は申し分なくとも、実際住むことになると、機能性も重要なポイントとなります。
例えばトイレやお風呂場がガラス張りの部屋もよく見受けられますが、なんとなく落ち着きませんね。
特に異性を招待したら、「こんなところでお風呂(トイレ)なんか入れない」と逆効果になることも考えられます。
また、一部屋が狭い分ロフトが付いている間取りも増えてきました。
マンションでロフトというとお洒落な雰囲気ですが、わざわざ梯子を使わなければならない点は住み続けると煩わしく思いますし、上階はエアコンの風が来ない上天井が低くなるので、夏場は蒸し暑いという欠点もあります。
このようにお洒落さと生活においての機能性は反比例する場合もあるので、注意したいところです。
本当におすすめできるデザイナーズマンションといういのは、住みやすくてデザイン性溢れた内装、つまり『機能美』が備わっている間取りと言い換えることができます。
単身の引越しだからこそ実現できる『お洒落マンション』を見つけてみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る